A*やんばるネイチャーツアー

2016年8月12日 (金)

ファミリー学習キャンプinきじむなあ

A063_2 今年のSY一家の目標は、長女りんちゃんと次女ふーちゃんのジュニアダイバーカード取得!!

通常3日で取得できるところ、安全・安心を基本にじ~っくり10日かけて勉強!勉強!
インストラクターは、東京の某有名私立高校の体育の先生だったので、教えることに関してはプロ!・・・でも、お魚に関しては子供達のほうが詳しかったりして(笑)
来沖前に、ダイビングの水圧に耐えられて、しかも度付きにと、水中マスクも全員が新調した。
A029a
8月に入って白化しだしたサンゴ達を少し心配しながら、「でもまだ色があるから大丈夫だよね」と、雨乞い台風乞い・・・
今台風が来たら、帰らなくていいもんね~(笑)
森の生物博士のりんちゃんと、海水魚博士のふーちゃんは、珊瑚の上を舞うリトルマーメイドのようだけど、プールではからきし泳げない!
シュノーケリングは好きだけど、水泳は嫌いなの。。。(わかる!)
___2
4歳でいきなり泳ぎだしたさっちゃんは、今年も「手つないでぇ」・・
こらこらもう一年生なんだから泳ぎなさい!
実はこの人が一番大物かもしれないという噂も・・・
A006浅場で見つけた「幸せを呼ぶ魚(の仲間)」オオウミウマもまた会えるね!
去年のカクレクマノミには家族が増えたよ♪
イソギンチャクも大きくなったね!
テングカワハギは増えたよね~
毎年見てる海、だけど毎年違う海
一家の興味は枯れる事を知らない大きな滝のようだ。。。
我々もウカウカしてはいられない(笑)
 

2016年7月27日 (水)

国頭村の海でシュノーケリング

C072

ビーチエントリーでこんな海に行きませんか?
C081フィッシュウオッチングなら、300種の熱帯魚に出会えますよ!
コーラルウォッチングで、様々なサンゴを見分けてみましょう♪
子供たちは覚えるのが早いから、沢山の種類を見つけて、楽しみながら自由研究もできちゃいますよ♪
C005ベテランさんならより遠くへ!
初心者さんなら岸の近くで、珊瑚の野原を満喫できます♪
沖縄本島北部の珊瑚礁は「裾礁」
それはなに? 
どういう意味?
珊瑚礁って種類があるの?
そんな疑問にもお答えします。
A052a
とても似ているあの魚とこの魚
何がちがうの?
何をしてるの?
オスとメスはどこがちがうの?
親と子は同じ形?
そんなお話をしながら
珊瑚の野原の上をゆったりと浮遊しましょう!
C034
だってこんなに浅いから
あんなに遠くも見えるから
ちっとも怖くないんだよ
自力で育った珊瑚だから、本当の自然が見える海!
こんなに凄い場所があったんだ!
夢の世界に来たみたい♪
さぁ、一緒に泳ぎましょう!
A079
☆お客様の感想☆
A0657月のお客様:東京のKファミリー
昨日シュノーケリングでお世話になりましたKです。
本日、東京に帰宅しました。
☆
この度はとても素晴らしい、貴重な体験をさせて
いただきありがとうございました。
家内も息子も、
「(今回の旅行では)とにかくシュノーケリングが凄過ぎた」
「あんなに綺麗な珊瑚や魚たちは見たことがない」
と繰り返しております。
☆
また、ご覧いただいた通り、私も含め決して体育会系とは呼べない
家族なものですから、貸切状態でペースを私どもに合わせていただ
いたことも、とても安心して楽しめる要因だったと感じています。
☆
気の早いもので、今から「また来年も行きたいね」と話しておりま
すので(笑)次も機会がありましたら、是非よろしくお願い致します。




C0477月のお客様:愛知のFさん


以前は他でボートでシュノーケルをしましたが、
船酔い波酔いで散々な目にあってしまい、
今回も恐る恐るお願いしました。
以前行った離島は観光客だらけで、伊豆のイモ洗
いと変わりなかったので、せめてツアーはボートに
したのですが、大間違いだったようです。
今回は、夢のようでした!
何といってもほとんどマンツーマンで魚の名前や生態を説明していた
だけて、海を見る目が変わりました!!
しかも、ガイドさんと海が友達すぎる!
海の地図がすっかりわかっているのは勿論、魚たちも実にフレンドリ
ーでした。
こんなツアーは初めてで、ただ船から落とされて、また引き上げら
れるようなツアーばかりを経験していたので、一から十まで夢をみて
いるようでした。
しかも、知らないうちに色々勉強して(させられて??)いて、
帰ったらさっそく図鑑を買いました(笑)
「遊び」のなかに本当の学びがあることも教えていただきました。
また絶対に帰ります!!!
A065






momo.3ファミリーさん


7月25日に安田ヶ島シュノーケリングツアーに参加させて頂きました。
娘と家族三人、とても素晴らしい体験をさせて頂きました。
トップシーズンなのに、貸し切りの無人島でやんばるの豊かな自然を
体験できました。
今まで参加した観光客向けのツアーよりも、ずっとたくさんのことを
教えて頂きとても良い経験になりました。
何度か沖縄に行ってオプショナルツアーにも参加してきましたがきじ
むなあさんのツアーはより深く自然に触れることができたように思い
ました。
やんばるは、観光客があまり行かないところのようですが素晴らしい
場所ですね。
☆
あれから娘は海の生き物により興味を持ち、教えて頂いた学研の図鑑
で楽しそうに調べています。
☆
☆母親の私は泳げないので見学のつもりでしたが、とても丁寧に指導
して頂いたおかげでシュノーケリングをすることができました。
海の中の魚たちを自分の目で見ることができて、感激しました。
泳げるようになりたい…と娘と一緒にプールに行くようになりました。
☆
夜ごはんも米軍基地のレストランに連れて行って頂いて、本当に貴重
な忘れられない思い出になりました。
☆
沖縄には何度か行って知っているつもりでいましたが、今回やんばる
に行ってこんなに豊かな自然がある場所なんだと驚きました。
☆
ぜひまたツアーに参加したいと思っていますのでよろしくお願い致し
ます。
本当に、ありがとうございました。

2016年1月25日 (月)

リュウキュウアサギマダラ越冬中

寒い日が続くと心配なのが海や森の生物たち
無事でいることを願いながら、リュウキュウアサギマダラを探しに行った。
第一ポイントは・・・0匹
数年前は、おとぎの国に迷い込んだかのように、沢山の種類の蝶たちと共にリュウキュウアサギマダラも沢山いた場所なのに、二年くらい前からどうも成績が悪い。
今回は0・・・蝶の羽も落ちていないので、寒さで死んだわけではなさそう。
原因はわからないけど、ひとまず撤収して第二ポイントへ
いつもいるはずの場所では見つけられず、沢に目をやると・・・・・いた!
一本の蔓に何匹か停っているみたい
枯葉じゃないよね・・・蝶だよね・・・
ぐるっとまわって川原に降りてみると・・・
A041いたいた♪ 
30匹くらいのリュウキュウアサギマダラがおしくらまんじゅう状態!
で、欲が出る(笑)
他にもいないかな?
上流の木々を見回すと、あら!凄いんじゃない?

A011_2

鈴なりのリュウキュウアサギマダラ発見!
よかったね~♪無事だったね~♪
A030陽が出て暖かくなって、これがヒラヒラ舞いだしたらどんなに綺麗だろう~♪
なんて思っていたら、また冷たい雨が降ってきた。。。
昨日の寒さに勝ったんだもの
もう大丈夫だね
週末には又暖かくなるから、みんな頑張れ!
A012気温にもよりますが、3月初旬くらいまでは越冬シーンが観察できますよ

2015年10月25日 (日)

やんばる自然観察 お勧めツアー

Kijikui_2

お勧め☆TOP

シュノーケリング・ビーS1_2

シュノーケリング・スペシャル

イノー(礁池)観察

やんばるの森散策

天然記念物(夜の森) *ケナガネズミ・イシカワガエル他

天然記念物(ヤンバルクイナ) *ノグチゲラ・アカヒゲ他

*きじむなあステイ・他(↓>続きを読む クリック)

続きを読む "やんばる自然観察 お勧めツアー" »

2015年7月 3日 (金)

一足早い夏休み

カーチベー(夏至南風) が収まらず波が高い日、シュノーケリングの出来る海岸はここだけしA006 か無かった超限定日
それにしてもここだけ(無人島の裏側)は見事に風がなかった!
写真の右に行っても左に行っても「おっとっと!!」のバシャバシャ波だったのに・・・

003a ちょっと早い夏休み三泊四日で、シュノーケリングデビューを果たした姉弟も、ご両親に連れられて、沖の方まで泳いで行けました

4年前に「砂浜デビュー」を果たしたお姉ちゃんのyukaちゃんは、前回(5月)のイノーツアーで、かなり水にも慣れた様子
今回はお父さんとお魚探しに夢中でした

002a初めは怖がって大騒ぎしていた弟のtakao君も、お母さんに上手く乗せられて、覗きメガネでフィッシュウォッチングを始めたら「海から上がらない!!」状態に(笑)

011a_2 もう少し大きくなったらマスクもシュノーケルも使えるようになって、もっともっと海が好きになりそうね☆
おすましお姉ちゃんと、紙おむつにサングラスの仲良し姉弟
来年は独り立ちシュノーケリングができるかな?


この一家の沖縄旅行は「何かが起こる!!!」
ツアー中に車のタイヤが外れたり、搭乗締切後にダッシュで空港を走ったり・・・
今回は、一家が乗る飛行機だけ欠航!
前日の事故の影響だったらしいけど、代わりに乗れた飛行機は広々機内でゆったり過ごせて、しかも予定より早く家に帰れたとのことで、結果オーライ良かった良かったairplane

2015年3月15日 (日)

バードウォッチングシーズン突入!

Aa なんと言っても「やんばる一!(・・ってことは世界一)」の評判をいただいている、ハマちゃんの野鳥観察シーズンがやって来ました♪
すでにカップリングが始まっている天然記念物達は、ヤンバルクイナ・ホントウアカヒゲと特別天然記念物のノグチゲラ
この三種はポイントも開始時間も異なりますので、お問い合わせくださいね
A_2
早朝一番はヤンバルクイナ
4:30~5:00集合(夜は19:30~20:00)
まだ暗い闇の中で観察が始まります。
眠りから覚め、餌を取る場面をじっくりとご覧いただけますよ
5月以降は可愛い雛に出会えることも!
Adsc_7752a ホントウアカヒゲ・ノグチゲラ
5:00~6:00集合
子育てのシーズンは、忙しなく行き来しながら餌を運ぶ様子が観察できます。
巣からちょっと顔を出す雛にも会えるかもしれませんね♪
Dsc_7656aa 一種をじっくり観察出来るのが自慢の“きじむなあ”ツアーですが、「三種類見られちゃった!」という幸運に恵まれることもあります。
夏鳥のサンコウチョウやアカショウビンに出会えることも!!
(日頃の行いが大切?)
今年初夏は「どれ」を狙いましょうか?
料金等はトップページからどうぞ

2014年5月19日 (月)

週遅れのGW

kAimg_2518ojiのGWは一週間遅れの梅雨の中

来沖当日も翌日も雨だったけど、今年は少し送れて咲いたデイゴが満開!
誰もが沖縄に来たら一度は見たい花に出会えて良かったね
デイゴの樹と出会った時間は曇り空
この後、噂のお蕎麦屋さんでお昼を終えた頃から土砂降り!!!
あまりの雨に行く所もなく、部屋に戻って持参した仕事をやっつける・・・
Aimgp1661a雨の上がった翌日は、勿論大好きなシュノーケリング~♪
ブログでしか見たことがなかった珊瑚の絨毯の上を漂いながら、ただただ感動・感動・感動・・・!
凄いね!綺麗だね・・・!!!
ふと振り返るとkojiがいない!!!
Aimgp2176 あれ?どこ???と見ると、ガイドと反対方向に猛ダッシュで泳いでゆく!
「こらこら!どこへ行く!」
「カメがいたから追いかけてた」戻って来た彼は嬉しそうに言った。
始めて見た海亀! 竜宮城に行く途中で連れ戻してしまったかな?  追いかけたら逃げるんだけどね・・・
午後はパークゴルフ初挑戦
イーグルだったよ♪ 海焼けならぬゴルフ焼け?
Aimg_2523 少し雨が戻った夜はヤンバルクイナ観察
本当はケナガネズミ探索だったけど、この日は空振り
前に見たからいいけどね・・・と余裕を決め込み、ならばヤンバルクイナ
雨の中、背中にキラキラ光る雨粒を纏ったヤンバルクイナは、なんだか神秘的・・・雨もいいな・・・
今回は始めての一人旅

Aimgp3937

奥さんのこと、子供たちのこと、そして仕事のこと・・・全て忘れたい休日だけど、全て心配でちょっと複雑な気分の旅になったかな?思い切り楽しみたいけど、ちょっと後ろめたい気もしたりして・・・
次回はみんなの都合が付けばいいね
さよならの後は振り返らずに行っちゃった・・・
またみんなで遊ぼうね!

2014年5月12日 (月)

国頭村でバードウォッチング【天然記念物】

A_20a_2 愛鳥週間ですね
窓の外ではさっきからアカショウビンが鳴きまくっています
野鳥たちは子育て真っ最中
国指定特別天然記念物のノグチゲラ、天然記念物のヤンバルクイナアカヒゲ達も毎日せっせと餌探し 
A この季節になると、とんでもないTV番組などのお陰で、ルールを知らない観察者が野鳥たちの生活を邪魔してしまうことも!
まずは地元のツアーでルールやマナーを学び、お互いにストレスのない関係を築けば、ゆっくりと観察が出来て、とても協力的な被写体になってくれますよ
Adsc_7752鳥たちの活動時間は重なりますので、1回のツアーでは一種類に絞ってゆっくりと観察しましょう
 
時間が余って、運がよければ数種に出会うことも!
子育ては7月上旬まで
観やすいこの季節に、天然記念物の野鳥たちに会いに来ませんか?
写真:ノグチゲラ巣立ち・ヤンバルクイナ♀・アカヒゲ♂

2014年4月 4日 (金)

イルカンダがくれたもの

Aimgp3635 今年はイルカンダの花が沢山咲いた
例年は頭の遥か上とか、森の奥深くに透かし見える花房も目の前で観ることが出来る

で、疑問が湧いた
シベの見える房が少なすぎるのだ

落ちた花を見ても花数の一割程度にしかシベが見え無い

いつもは先を急ぐので、そこに留まってゆっくりと観察することも出来ず、疑問は頭の片隅に収まっていた

以前、イルカンダの実と莢は共に成長するのではなく、莢が先に成長し実の大きさを決めていることを発見したことがあったけど、花は何を教えてくれるのかワクワク度は増し、こんなかな?あんなかな?の妄想はどんどん育っていった

Aimgp3683 ある日、たまたま通った道にイルカンダの花が沢山落ちていたので、嬉々として持ち帰り、謎解きをしてみた・・・ら、シベが出るにはまだ早かっただけということが、地味に判明
花が開くに連れ、鈎状の莢(一種の花びら?)も開き、中からシベが現れる仕掛けになっていた
Aimgp3669 花の中には蜜がいっぱいで、小さな虫たちが結実の手伝いをするのだろう
特に香りもない花は、オシベメシベが出る前からこの蜜で虫をさそっているようだ

Aimgp3668 少し膨らみのある雌蕊を裂いてみると、中から小さな実がでてきた
大きなイルカンダの莢からは想像もつかない、小さな小さな種は0、3mmあるかないか・・・
一列に綺麗に並んで、大きな種になる日を待っているようで面白い

私の小さなワクワクの種も、そのまま落ちて忘れられたり、今回のように発見の実をつけたり・・・自然はわからない宝物だらけだね

2014年3月29日 (土)

やんばる・新緑の花々

Aimgp3663 やんばるの森も新緑の柔らかな緑に包まれて、誘われるように季節の花々の開花が続いている

Aimgp3659 昨年は大きな台風のダメージを受けた影響で少なかったけど、今年は爆発的な花数になっていて、それはそれで何だか不気味な・・・

やんばるにあっても「幻」と言われるイルカンダの花房も、今年は思わず叫んでしまいそうになるほど!

今まで気づかなかったような場所での発見(本人比)も相次いでいる

Aimgp3658

通常は頭上遥かとか、森の奥深くに見える花が、目の前で観察できるのだけど、花季は長くないので、ピンポイントでこの時期に来られたお客様は、本当にラッキーだね

図鑑などには「悪臭がする」と書かれるようだが、咲いている花に悪臭は無い(花に失礼だな)

Aimgp3654_2 センダンもここのところの暖かい気温に誘われて、急に花を綻ばせ、日当たりの良い場所ではすでに満開

遅い年では四月の中旬過ぎに咲き出すのに、なんだか大慌て? 大好きな花だから、一日でも長く見ていたい

Aimgp3667 森の淵ではリュウキュウイチゴが熟し始めた
甘酸っぱい実を見つけると、カメラを構えるより先に手が出てしまうところが・・・
勿論、次に通りかかる人のために残しておきますよぉ~

この日のお客様のカメラには何が収まったかな?
ひょっこり出てきてくれたアカヒゲ・じっくり観察させてくれたノグチゲラ・シリケンイモリの親子・アマシバの花・緑が綺麗なヒカゲヘゴ・・・

これからは沢山出てくるキノボリトカゲ、イイギリ・ソウシジュ・テイカカズラなどなど、季節の花巡りはまだまだ続きますよ

より以前の記事一覧

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ