« ター滝増水 41名救助 | トップページ | 15号だなぁ・・・ »

2012年8月13日 (月)

タナガーグムイ転落事故

事故連載「その3」です
・・・なんて冗談を言っている場合じゃないけどね

与那覇岳遭難 にしても ター滝増水 にしても「無事でよかった!」というのは、何も誉めている訳ではない

管理されていない(料金を取らない)自然のポイントというのは、=危険と隣り合わせ・自己責任ということだ

12日午後4時50分頃、国頭村安波のタナガーグムイ遊泳中の20代の米兵2名が、滝から転落し、鎖骨骨折・頭部裂傷の怪我を負った

滝と言っても段差程度だが、多分増水した水流にのまれ岩場に体を打ちつけたのだろう

国頭消防が救助→米軍救急車で搬送されたとのこと

立ち入り禁止の看板をいくら付けても、飛び込み事故の絶えなかった「比地大滝」が、ついに柵を張り巡らせてしまったのは何故か?
立ち入り禁止の看板をいくら付けても、崖に(道は無い)ロープを付けて入り込む人が絶えず、毎年のように事故(死亡事故含む)がおきてしまうタナガーグムイ

タナガーグムイや与那覇岳頂上の立ち入り禁止は、危険であるということは勿論、天然記念物に指定されている保護区の生態系を守る為でもある
人命を守るためにも「入ったら逮捕」くらい厳しい罰則があっても良いのかもしれない

「あれもダメ!!これもダメ!!!」を連呼するパトロールでも走らせないとダメなのかなぁ?

タナガーグムイ去年の事故

« ター滝増水 41名救助 | トップページ | 15号だなぁ・・・ »

D*やんばる口コミ・お知らせ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ