« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

リュウキュウアサギマダラ

A7b寒い日が数日続くと「沖縄なのになぁ~」と、落ち込んだ気分になる季節
23日は旧暦の元旦
四季が無いと思われている沖縄でも、しっかり四季を感じられる曇り空が続き、やっぱり北半球の元旦は寒くなければいけないような気にもなってくる

A1やんばるは奥が深い
寒ければ寒いなりに夢中になれる対象が現れるものだ

“やんばる みぃっけ”にもアップしたリュウキュウアサギマダラは集団で冬越しをする蝶
気温15℃以下になると、このように集まって寒さを凌ぐが、どんな場所や樹でも良いわけではなく、風の当たらない森の中の窪地などで、しかも光が優しく差し込むような環境
A6aハブと格闘しながら藪漕ぎをするのは危険すぎるし、マツタケ同様に教えたいけど守りたいというジレンマが付きまとうので、ツアーもなかなか出来ない

奄美以南の琉球列島が北限の蝶なので「夢にまで見る」ほど憧れているファンの為にも、生息地が増え「どこでも見られるさぁ」と言える日が来ることを願うばかりですね

Asagi本州にも生息し長距離を旅するアサギマダラはアサギマダラ属(右写真上)
羽下部の茶色が薄くて目立つ

リュウキュウアサギマダラはリュウキュウA12aアサギマダラ属で、同じマダラ蝶科でも属が違い、少し小ぶりで柄も細かい(右写真下)

2012年1月20日 (金)

イノー(タイドプール)観察予定時間≪やんばる自然観察≫

イノー観察 (タイドプール観察)1月2月3月の予定

1月開始予定   昼はピンク表示

21日  22:00   22日  22:30   
23日  23:00   24日  23:30   
25日  00:00       

2月開始予定

 5日  22:00    6日  22:30    
 7日  23:00    8日  23:30   
10日  00:00   19日  22:00   
20日  22:30   21日  23:00   
22日  23:30   13:00
24日  00:00   13:30        
25日  14:00   26日  14:30   
27日  15:00   28日  15:30 

3月開始予定

 6日  22:00    7日  22:30    
 8日  23:00
10日  00:00   11日  00:30

17日  20:30   18日  21:30   
19日  22:00
20日  11:00   22:00  
21日  11:30   22:00
22日  12:00   23:30
23日  12:00   
24日  00:00   12:30        
25日  13:00   26日  13:30   
27日  14:00   28日  15:00
 

2012年1月19日 (木)

ツツジも咲いた≪独り言≫

P1180014_2緋寒桜がぽちぽちと咲き始めたと思ったら、今日は暑いくらいの陽気な上に海はべた凪~

こんな日に泳ぎに行けないなんて・・・

せめてお昼は外食ということで、浜風

120119_122301「揚げ鶏の照り焼きソース」定食は、美味しくてお腹いっぱい過ぎ・・・・これでも夕飯はたべるんだろうなぁ・・・
駐車場側の花壇には陽気に誘われたツツジがにっこり♪
オリオンビールの桜もツツジに見えてきた

P1120006ランチと言えば、ツアーの合間によく行く米軍レストランでのマイブームがBlooming Onion $5.25也
味はオニオンリングなんだけど、ぱっと咲いた菊の花が見事♪ 
さすがの私も一人では食べきれない(笑)

FC東京が国頭村でキャンプ(2月4~10日)
FC東京と言えば、私が育った調布市が本拠地だから、なんだか他人のような気がしない。。。
練習を見に行かなくっちゃ!

日ハムのキャンプはその後だっけ?
新監督の栗山さんは私の母校の敷地内の短大で、講師をしていたことがあるとのことで、他人のような気がしない。。。
紅白戦は取材に行かねば!

「いちゃりばちょでー」な沖縄にいると、他人じゃない人がどんどん増える
これもひとつのFacebook現象?!

今日は暑いとか言ってたら、いつの間にか土砂降り!!
洗濯ものが~~~

2012年1月10日 (火)

今年最初の“きじむなあステイ”

先程0時30分過ぎに「無事帰着」メールが届いたtomo&taichi夫妻

Img_1388a今回は到着も7日朝の4時半過ぎだったから、結構ハードな往復スケジュールだけど、その代わり昼間は比較的のんびり過ごしました

Img_1397a到着日は1日中雨が降ったり止んだりで、特にどこにも行かず深夜のイノーツアーに賭けることに
翌日はなんと晴れ!新しいカメラを持って、午前中から撮影に飛び回ったり、港でお魚すくいをしたり・・・小さな網でハリセンボンを掬ってしまい大慌てしたり!イジめてごめんね!

Honkawa1夜は2日間ともイノー観察
サザナミウシノシタホンカワウミウシといった、私でも年間に数回出会えるかどうかのレアな生物に会えたのはラッキーでした
P1090007a稚魚たちは少なかったものの、小雨のイノーをひたすらうろうろ歩き回った賜物ですね(小さなタコたちにはからかわれたね(笑))
満月も星も見られなかったけど、ヤンバルクイナは沢山鳴いてくれました

Img_1380_2前回(10月)は民泊の修学旅行と重なって、送迎のお手伝いまでしてもらったから、観光案内所のスタッフも顔なじみで「修旅は11日からだけど?」なんて言われてしまったり

P1070130米軍のディナーを食べすぎてお腹を壊したり
忘れ物を取りに名護から引き返して来たり

今回もタダでは済まない二人旅でした

*長靴をはいたtaichi君「ちょっときつくてトンソクみたいな気分」
・・・あんたそりゃテンソクだよ。。豚足はテビチだってば

2012年1月 2日 (月)

龍の島

元旦の記事で「龍の国」の王様の言葉をいただきましたが、実は沖縄県も「龍の国」なんですよ

琉球という名前は中国が名付けたそうですが、南北に延びた島の形「龍の子(リュウチュウ)」からきているようです

諸説ありますが、龍の球=瑠璃(ガラス)のように輝く島というのが一般的。
龍本体から、いつの間に玉になったのかは不明ですが、ドラゴンボールな島ですね
天地を司るといわれる龍珠パワーは絶大とか!
今年の沖縄旅行はご利益あるかもよ~♪

話変わって去年・・・と言っても先週、SFだのミステリだのと言っていて思い出したのが「椿説弓張月」
この舞台が幼かった私を歌舞伎の虜にさせたのですが、「南総里見八犬伝」で有名な馬琴の大スペクタクル歴史絵巻をかの三島由紀夫が手掛けた大歌舞伎でした(玉三郎の美しかったことったら・・・そんな私は精四朗(当時)ファンだったけど)

物語は平清盛に抵抗した源為朝が伊豆七島流罪後に琉球に渡るという、琉球王朝開闢の秘史物語
馬琴も本題は「鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月」としているところから、お話だから怒っちゃやーよという意味が多分に含まれてはいるものの、真偽のほどは有耶無耶にしておいたほうが面白い
まぁ源さん家は義経がジンギスカンになったとか、面白い伝説を生む家系なのですね
そういえば義経は八男だったけど、尊敬する為朝おじさんに遠慮して九郎を名乗ったとかいう話もあったりします

今年の大河は清盛だけど、為朝のほうが干支にはあっていたかもね
なんて、今思いついただけだから、えらい遠回りで分かり難いこじつけだこと(笑)

2012年1月 1日 (日)

新年明けました

龍の国の王様は「心に住む龍は経験を食べて大きく育つ」と仰いました

新しい年が明けましたね

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ