« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

サガリバナ(沢藤)満開

1130aa マングローブの植物の一つでもあるサガリバナは、夜の帳が落ちる頃から開花して、朝には花を落とす儚い夏の花

朝の水面に無数の花が浮かぶのを想像すると、いつの間にか脳内連想ゲームでオフェーリアが登場してしまうけど、夏の沖縄にハムレットは似合わないか。。。(笑)

1132aa 国頭の集落のほとんどは川毎に出来ているから、昔は必ずと言っていいほど川沿いにサガリバナが自生していたらしいけど、護岸工事ですっかり消えてしまったとか

その後に植えられた樹達が、 見事な花を見せてくれるようになったのは5~6年前くらいから?

1191aa

川沿いではあっても川際ではなく道路際に植えられているので、朝の風情が楽しめない場所が多いのは残念だけど

ここ数年の観察では10月頃まで楽しめるはずなのでお見逃し無くね

1188aa ほとんどガクのような4枚の花びらと沢山のオシベには、夜の蝶が(蛾ともいう(笑))甘美な香りに誘われて舞い踊る これがまた何とも幻想的!

中でも、胡蝶の舞の衣装を着けたようなハグルマノメイガは私のお気に入り♪ 蛾だけはイヤって言われちゃうかな?

明日の晩は*給油所のお姉さんに教えてもらった穴場に行って見ようかな~(って、全部どこに行っても穴場だけどね)

*沖縄ではガソリンスタンドは「給油所」と言います(コーヒー無料)

ここここにも写真ありますよ♪

2009年8月24日 (月)

千葉のAMさんからお便り

Cimg4123 こんにちは。7月23日に無人島ツアーに参加しました、AMです。
その節は大変お世話になりました。
7月25日まで沖縄を満喫し、その後千葉へ帰ってからは、あっという間に現実に引きもどされて、毎日を慌ただしく過ごすばかりです。
残り少なくなった夏休みをふり返りながら、今、子供といっしょに夏休み新聞を作っています。
トップ記事はもちろん「きじむなあ」での1日です。
カメラを持っていかなかったために何一つ写真が残っていないのですが・・・(本当に残念です。)
子供たちの記憶には、一つ一つの場面がしっかりと焼き付いて残っております。
紙面が足りないほど書きたいことがたくさんあって・・よい新聞が仕上がりそうです。

来年・再来年と子供の受験が続いてしまい、沖縄でのんびりするのも当分お預けなのですが、また遊びに行きたいと思っております。そのときにはどうぞよろしくお願いいたします。

服部さん・奥様・さいとうさん・レオちゃん、どうぞお元気でいてください。
本当にありがとうございました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

AMさん、ありがとうございました♪

無人島シュノーケリングのこと、米軍でのお夕飯のこと、ホタル観察のこと、可愛らしい感想が上手にまとめられていますね。 私は島にはご一緒できなかったのですが、次回は是非!!

2009年8月21日 (金)

ブログパーツ

ナショジオから絶滅危惧種に変更しました

(右サイドバー中央ね)

困ったことに、なんとなく一周するまで見てしまうのだけど、写真少なっ!どんどん増やしてくれたらいいな とはいえ、絶滅危惧種が増えるのは悲しいことだし、野生動物の多くは絶滅危惧種っていうのも。。。むむむ。。。

もうちょっとマシな写真はないのか?とか、これ名前違ってるし!とか、結構楽しめます(笑)←イジワル

とってもヒマ~な時にでも眺めてくださいな

森林セラピー

957a 最近の検索フレーズに気になる文字が・・・えっとですねぇ“きじむなあ”のメニューに“森林セラピー”というものはありませんのです。

ただ、国頭村の森の道数箇所が「森林セラピーロード」としての認定を受けたので、国頭村が行う森林セラピーの「命薬の森ガイド」講習には個人的に参加したり、何かにつけて今後も係わってゆくと思いますが、時々奥歯にモノが挟まるわけで・・・(笑)

958a 講座を受講しながら、何かヘンな気がする・・・と思う事もあり、受身だけの受講ではなく、人を見る目や講義内容を篩いにかける知識も多分に必要な事も痛感しました。これに関しては森林ジャーナリスト田中さんのブログが面白かったので、興味のある方はクリックしてご覧下さい。

結局は何度も言ったように、いままでやってきた“きじむなあツアー”の一部は、限りなくセラピーツアーだったということ。、これからも全てがオリジナルなツアーを、気負わず流されず自然体でお相手させていただきますね♪

森林セラピー関連過去ログ
森を歩く~森林セラピーへのいざない 09/03/14 記事
森林セラピー 09/01/31 記事
森林セラピー講座が 08/03/21 記事
気ままにBBSⅢ《フリー》 08/02/13 記事

2009年8月15日 (土)

miuちゃんの夏休み

910a 二つの台風の余波で、海のご機嫌がイマイチ。。。

昨日は無人島にも行ったけど、波のご機嫌がイマイチ。。。でも、疲れをしらない彼女はひたすら泳ぎまくり「まるでアメンボだね」と言われたので、今日は本家アメンボに会いに川へ

913a 川遊びははっきり二派に分かれる

遊園地のようにひたすら遊ぶ派と、川の生物を探し回る派

彼女は生物観察派なんだけど、やっちゃんが捕まえたモクズガニ914aはちょっと大きくて苦手(笑)

アメンボ・ミズスマシ・ユゴイ・ハゼ・エビ・カニ、シオカラトンボ・アカトンボ・チョウトンボ・ハグロトンボ、クロアゲハ・モンキアゲハ・リュウキュウミスジにハンミョウ・・・いっぱい見た! 夏休みの日記にも沢山書けるね

921aお昼は「浜風」でおきなわそば

牛肉そばのボリュームにはびっくり♪

二泊三日はあっという間に過ぎちゃった

来年も屋上で流れ星を見ようね

2009年8月12日 (水)

お楽しみ満載?

837a 名古屋からのKJさんファミリーは、台風でスケジュールをずらして到着

一日目は森ツアー 午前中は

大きな老木のある小さな森で歴史や文化と触れ合った

843a 子供たちにとっての触れ合いは「ヤギさん」

センダングサをおいしそうに食べてくれるヤギさんが可愛くて、ついつい時間がたってしまう

ちょっと立ち寄った和紙工房では、民芸品好きのパパが大喜び!!毎年いらしているファミリーの意外な一面を発見!

お昼は米軍へ  大きなハンバーガーやビーフそばに舌鼓

852a 850a 851a

午後は本日のメインイベント比地大滝へ

864a 最初に出迎えてくれたのは綺麗なアオヘビさん

夏休みで大混雑のキャンパーさんたちに見つからないでね!

沢山のキノボリトカゲやトンボ達を見つけながら「あと何分?」「あと何キロ?」と坂道を上り下り

861a ついに滝に到着!

ゆっくり休んだ帰り道、子供たちは競って下山。「観光地を甘く見すぎた!」と、大人たちはゆっくり下山。みんな汗だくで「今度は冬に来よう。。。」

2日目

午前中は海でシュノーケリング 毎年ネを上げるママも今年は元気に泳げたね

午後、子供たちは川の生き物観察

ミズスマシ・アメンボ・エビ・ハゼ・タニシもいっぱい捕まえた

880a 885a 887a

871a 趣味で陶芸をしているパパは別行動で工房見学

森の中の工房で、粘土の話に花が咲く。土に目を輝かせている姿には、私もちょっと感動!次回は轆轤を回したいですね

あっという間の2日間のシメは、道の駅のパーラーで「ぜんざい」

873a 875 876

フルーツにキナコクリームに数種の豆がおいしいぜんざいを食べて、かりゆし荘のお風呂へ・・・

今年のKJファミリーは新しい発見の連続でしたね

2009年8月10日 (月)

HTさんからお便り

7月31日の海カヌー&シュノーケリングでは、大変お世話になりました。
家族全員、すごくリフレッシュができ、感激でした。
サンゴ礁を見ると人生観が変わるとよく聞きますが、それに近いものを感じました。
全く、今まで経験のない世界を垣間見れたので、強く印象に残りました。
(若干一名、筋肉痛元少女隊の一味になった者がいましたが、現在は既に復帰しています。)

やんばるの、自然の中に、時間の流れに、空間に、身を置けたことが、何よりの思い出になっています。
また、国頭の人たちと短時間でも交流できたことも、思い出に彩りを添えています。

Img_3752_ 残念なのは、ご夫妻と一緒に写真を撮らなかったことです。
あとから、アア撮ればよかったと思っても後の祭りでした。
せめてもの足跡として、服部さんに撮ってもらった家族写真(withステージア)を送ります。

・・・と思っていた次の日、偶然比地大滝の山道で、崎浜さんに出会いました。
Img_3805 海でお世話になった次男のつよしが見つけたのです。
お願いをして、記念写真を撮らせてもらいました。添付します。

子供たちからの伝言です。
はじめ 「山で会ってびっくりしました。がんばってください」
つよし 「いろいろありがとうござしました。山小屋でキノボリトカゲを捕まえたら、指をかまれました」
Img_3886 (手にのせた写真も添付します)
どうぞ、美女と子供たちに人気の崎浜さんに、よろしくお伝えください。

今度は山の方もご案内いただきたいと思っていますが、何せ一世一代の大旅行のつもりで行ったので、次お邪魔するのはいつになることやら分かりません。
でもまた沖縄へ行くなら是非やんばるへと考えていますので、そのときはよろしくお願いします。

2009年8月 5日 (水)

wakaさんからお便り

無人島ツアーのwakaさんからメールをいただきました

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

7/30は大変お世話になりました。
Kiji06 我が家にとっては昨年に続き、2回目の無人島ツアーです。
実は、昨年のツアー終了時には「今年も来る」と家族全員が決めていたのです。
自然の多く残るやんばるですが、一旅行者の私達はうまく触れ合えないので
きじむなあさんのツアーで満喫させて頂いております。

Kiji01 上陸して最初に見つけたのが、岩場にうごめくカニ。
そして別の岩の上においしそうな?カニ?・・・抜け殻でした。
でも、息子は大喜び(ティッシュに包んで、家まで持ち帰りました)

昨年は、私と娘だけでしたが
Kiji03 今年は急遽(沖縄入りしてから決めました)息子もシュノーケリングに挑戦。
2日前に瀬底ビーチでやらせてみたら、意外に出来ていたので・・・
ハマちゃんにしっかり付き添ってもらいましたが、やる気満々のようでした。

Kiji04 午後はこれまた昨年同様、年間で唯一のフィッシングです。
今年は、カワハギやらマトフエフキやらを釣った(釣らせて貰った)ようです。
ただ、息子的にはシュノーケリングの方にはまったらしく
来年は、午後もシュノーケリングだそうです(ほら、もう来年来るつもりで居ます)
Kiji05 とにかくどこで何をやっても楽しいみたいで
砂をいじっていても、流木で何やら作っていても、帰りの船上でさえも遊び場です。
親馬鹿ですが、子供が楽しんでくれるのが一番です。
もっとも私たち大人も楽しいのですが。

Kiji07 帰宅して4日、まだまだ思い出に浸っております。


楽しい思い出をありがとうございました。

2009年8月 2日 (日)

安田ヶ島

341 渡し船で約10分の無人島に上陸

15分の自由時間は、準備体操がてら遊んでいいよ~と言ったら、波打ち際でヤドカリ発見!

準備運動にはならなかった(笑)

345a さぁ出発!

・・・と、思ったら

波に遊ばれて、行きたい方と逆に流されちゃった(笑)

351a_2これはこれでかなり面白い♪

頑張って流れに乗るまで、小さな弟君はハマちゃんががっちりガード。 余裕でフィッシュウォッチングだね

岩の間を覗くと353a

キンメモドキの群れの向こうにハナミノカサゴがゆったり泳いでいたり、スク(アミアイゴの稚魚)の群れが、金色に輝いていたり・・・

弟君の始めてのシュノーケリングは、大人顔負けフィッシュウォッチング体験でしたね

372a 元々泳力のあるお姉ちゃんは、午後は私とマンツーマンで素潜りの練習

3m下のクマノミに、上手く餌があげられるかな? ちゃんと届けてあげないと、ベラやミツボシクロスズメに横取りされるよ

377a_3若干10歳にしてスジが良い! 素潜りは一回で合格して、ドルフィンキックまでほぼマスター 

一時間以上泳いで浜に戻ると、5歳の弟君に早速レクチャー

379a魚を捕まえたい彼は大張り切りなのだけど・・・何度やっても上手く行かない

何故かなぁ・・・?

お魚はいっぱい泳いでいるのになぁ~

387a 砂浜には彼女が創った流木のオブジェ

朝から少しづつ創り上げて、帰る頃にはこんな大作が出来上がった

迎えの船が来るまであと30分

389a 最後の最後まで思い切り海と戯れた一日でしたね。

来年は、私が彼女に泳ぎを教わっていたりして・・・(笑)

お手柔らかに~

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ