« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月26日 (水)

幼児連れツアー感想

7/19のゲスト、Hiranoさまから感想をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その節はどうもありがとうございました。
非常に充実した一日を過ごせて感謝しています。

午前中は沖縄でも異常といわれていた暑さのなか森へ連れて行っていただき、いろんな生き物をみることができました。
暑かったせいか生き物もあまり顔を出してくれなかったようですが、一生懸命探してくださったのが伝わりました。
親共は「リュウキュウハグロトンボ」が見れたのが感激だったのですが、睦はどうしても「リュウキュウイノシシ」が見たかったようです。
普通見れない動物なんでしょうが、道路の注意標識にいのししの絵が描いてあるので、どこでも会えると思っていたようです。
今でも図鑑見ながら、「次は見せてもらうんだ」といってます。

お昼に連れて行っていただいた「ひまわり食堂」もおいしかったです。
小さい子連れだと食事も沖縄来てもコンビニやファミレス等の入りやすいところですませていましたので、地元の人が通うところで本当の味を味わえてよかったです。ガテン系の方たちに囲まれてる親子もおもしろい光景だったでしょうね。(笑)

そしてなんといっても午後の海遊びですね。
浜辺近くであれだけの熱帯魚がみれるとはおもっていませんでした。
特に「ツノダシ」の群れがみられるとはおどろきでした。
いままでオーストラリアまで行ってたのがバカバカしく感じられました。
向こうは沖にでないとみれないですから。まあ、やはりそれなりに美しいですけど。しかし、ここは沖にでなくても十分でした。
母ちゃんもずーと海に入ってみとれていたようです。
でも、この海遊びで一番うれしかったのは二人の子供の姿ですね。
睦(4歳)は初めて海にはいるのにきじむなあ特性グラスボートに跨り、スタッフの方にささえられてずーと魚を観察していました。
正直、私たちから離れて海にはいれるとは思っていなかったので驚きました。これもきじむなあさんがいろいろ考えて準備&付き添いいただいたおかげですね。
また、幹(1歳半)も最初こわがって海にも近づけなかったのに最後は自ら浮き輪にのって「連れてけ」と催促までしていました。
子供達も一つ成長できたようです。

最後にはホタルと星の競演までみさせていただきました。
台風の後でホタルは少なかったようですが、私以外の3人ははじめてのホタルに感激していたようです。

帰ってきてから睦はおじいちゃんおばあちゃんにこの日のことを楽しそうに(多少脚色しつつ)話しています。幹も写真をみると「うーうー」いいながら指さしています。
沖縄旅行の一番の思い出になったのではないでしょうか。

最後に奥様がおっしゃられた、「水族館の魚はみんなここから捕っていってしまう」という言葉がわすれられません。環境を壊すのって工事とか目に見える破壊活動だけではないのですね。
そんなことを帰りの飛行機から沖縄の海をながめながら戻ってきました。

自然のいろんなことを教えていただいた気がします。
乳児連れでも、親も子供も安全に楽しませていただき、本当にきじむなあさんにお願いしてよかったと思いました。

二人の子供がもう少し成長したらまた連れて行きたいので、その時も是非お願いします。
ありがとうございました。

睦と幹の父より

水辺アレンジ:感想

7月15日のゲスト、Yoshikawa様から届きました♪
☆海遊び・森遊び きじむなあ☆http://www.k-trinity.co.jp/kijimunaa/でも、写真を沢山ご紹介しますのでご覧下さいね。

06716keigo
先日は家族で大変お世話になりました!
梅雨明けしていない東京は最高温度25℃と少し肌寒く、沖縄へ行ったのが夢のようです。
だって、あまりにも充実した一日を過ごせて、沖縄が10倍、いえ100倍楽しめたのです。
それも全て、きじむなあさんのお陰です。ありがとうございました!
シュノーケリングツアーでは恵吾もクマノミが見られ、親はたっぷりと海を堪能できました。
海で食べたスイカがめちゃくちゃ美味しかったです!
Suji
そして川遊びでは水澄ましやアメンボを捕まえて大喜びし、夜はホタル鑑賞ツアーでまたまた感動!
満天の星空にも感動しました。
そして行きたかったお店の一つのシーサーズでの飲み会♪思いがけずマチコサンの民家訪問、と心に残る良い思いでとなりました。
恵吾は「今度はシュノーケルやるんだ」と意気込んでます。
また来年、沖縄へ行く事を夢みて…服部さんご夫妻にお会いできるのを楽しみにしています。
本当にありがとうございました。

2006年7月23日 (日)

美らちゃん:貝殻

Img_0494
7月はいつもなら沖縄にいるはずなのに・・・
今年は美らちゃんが心配で・・・
飛行機に乗せるのも可愛そう
お留守番も可愛そう・・と、嘆く飼い主さん
Img_0998
浜で拾った宝貝は美らちゃんもお気に入り
南の島の香りがするのかな?

2006年7月21日 (金)

お願い

【予約のお願い】7/31 という題名でメールを下さったTN様、
メールは添付のみで、内容も不明になっております。

返信して良いものかどうか判りませんので、もしもこちらをご覧頂いておりましたら、添付無しでご連絡下さい。

2006年7月13日 (木)

スイカ!

20060711150810
今日は一日シュノーケリング♪
僕はちょっと怖かったから、
おばぁちゃんと磯遊びしたんだよ!
お魚いっぱい見られたよ♪
カニも貝も見つけたよ!
風が身持ち良かったから、
お昼寝も沢山しちゃった
20060711150150_1
ずっと泳いでいたママが帰ってきたら
お楽しみのオヤツの時間
海で食べるスイカはおいしいねぇ~
ちょっとお行儀悪いけど、楽しいよ!!

2006年7月 2日 (日)

トントンミー

Vfsh0072
ミナミトビハゼ(南 跳び鯊)を、方言でトントンミーと言います。
ハゼという漢字は「水」「少」「魚」
字のごとく、多くのハゼ達は干潟や浅瀬で見ることができます。
そんな環境をトントンと飛ぶように移動するからか、とても可愛い方言名で呼ばれ親しまれています。
川や海に向かって小石を投げる遊び「水切り」も、同様にトントンミーと言います。
干潮の磯にはトントンミーが沢山いますから、観察してみてくださいね。
Photo:Taichi

○o。Mifuyu。。o ○ >゚)))彡

イツコさん:ツアー感想

先日は、たいへんお世話になりました。
10数年ぶりのダイビングでいろいろと失敗をしてしまいました。
2日目はキャンセルをしてしまい、ご迷惑をおかけしました。
耳の方は、治ってきました。ご心配をおかけしました。
でも、1日目はたくさんの魚と星と蛍を見ることができ、また、素敵な演奏まで聴くことができて、すごく得した気分です。
次回は、ダイビングが何事もなく楽しめるようにしたいと思います。
本当にありがとうございました。夫もよろしくと言っていました。

投稿 イツコ | 2006年7月 1日 (土) 21:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆コメント移動させていただきました☆
耳の具合を心配していました。
ちょっと耳抜きをし過ぎちゃいましたね。
今回は色々とアクシデントがあり、こちらこそ申し訳ありませんでした。
サンシンの古典はお気に召したようで嬉しいです。民謡にはない魅力がありますよね。
次回は民謡のレパートリーも増えていると思いますので、また是非楽しみましょう!
○o。Mifuyu。。o ○ >゚)))彡

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ